· 

電話相談の予約日時を変更しました

箱があれば、入る。

それが、猫。

 

中2の息子が、こんなに毎日暑いというのにマスクをして登校します。

眼帯はほら、邪眼が開眼してしまうとかあるでしょうからしょうがないのですが、マスクをして口を隠したいってどんな心境なのでしょうね。

何かしらか不安をまだ抱えているようですが、そっと見守りたいと思います。

そんなわけで、我が家にはマスクがいっぱい常備されています。

 

ところでタイトルの件なのですが、電話相談の予約可能日時を変更しました。

以前までは夜間のみだったのですが、最近日中のお電話も受けられるようになったので、カレンダーに可能日時を入れてみました。

ご希望の日時が「電話相談可能」となっていたら、その日時を書いてメールフォームでご予約くださいね。(⇒2018.9.21追記:カレンダー機能、やっぱりちょっとうまく使えなかったので、今まで通りご希望の日時をお客様の方から指定してもらう形に戻しています。申し訳ありません…!)

一応iPhoneでも画面表示を見てみたのですが、Androidスマホだと見にくいとかあるかもしれません。

何か不都合ありましたらお知らせいただけると助かります。

 

先日、労働局への同行をしましたが、やはりこういった労働局、労基署への同行や付き添いのサービスというのは少なくて、会社とのトラブルで行かなくてはならないのに~と困ってらっしゃる方も多いようですね。

専門知識がある者が付き添った方が、「あんなこと言ってたけどどうなの?」なんて解説も後からできますしね。心強く思っていただけるのではないでしょうか。

ただ、なかなか検索にひっかからない(ブログの更新をさぼっているから)このHP。

なんとか一人でも多くの方の目にとまるといいなと思っております。

TwitterとかFacebookとかで定期的に宣伝活動をしていくべきだと思うのですが、いかんせんぐーたらなものでこまめに更新できる気がいたしません。

でも、もうちょっとこちらのブログで情報提供していけるように頑張…りたいです。

 

会社側とトラブルになった場合、自分一人で解決までやり取りをしていくのは、ご本人が精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまいますし、感情論のぶつけ合いになってしまったり、はたまた諦めるのを待つかのように長期戦にもされかねません。

やはり第三者を間に入れて問題解決をすることが、ご本人にとっても一番よいことだと思います。

だって今が一番しんどい時期なわけじゃないですか。面倒なことは、こちらへぽーいと放り投げていただいて、少しでも楽になっていただきたいです。もちろん責任もって解決までお供しますよ。

 

法違反を犯している会社に対しては行政からの指導をしてもらうため、その他のトラブルに関しても「あっせん」という話し合いの場を設けるため等、様々な第三者介入の手段があります。

もっともっと知っていってもらわないとなーと、あらためて考えています。

 

前の記事へ元に戻る次の記事へ